Read Article

宮崎あおい・鼻の整形は失敗?美容整形には注意点がある

都内で行われた、映画『バースデーカード』(10月22日公開)の上映会に宮崎あおいが出席したのは2016年10月6日のことであった。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-8

映画『バースデーカード』公式サイト www.birthdaycard-movie.jp/

 

2016年、宮崎あおいは『世界から猫が消えたなら』、『怒り』と2つの映画に出演しており、「バースデーカード」で3作目となり多忙な1年を過ごしている。特に『怒り』(2016年9月17日公開)では、役作りのために体重を7キロ増やして撮影に臨むなど、体を張った女優魂を披露している。

キュートな笑顔と清純さで人気を集めていた宮崎あおいも現在は30歳。2016年の11月30日で31歳を迎えこともあり、6日に行われた上映会に登場した宮崎あおいを見たファンは、「やっぱ老けたな」「劣化が目立ってきた」「鼻付近に違和感、整形の影響?」と見た目に関しての本音を呟かずにはいられなかった。

Sponsored Links


加齢による影響?それとも整形の失敗?

853907e9

『バースデーカード』上映会での宮崎あおい

 

後ろ髪はお腹にまで達しそうなほど長く、前髪は眉毛よりも2センチほど上の部分に位置するほど短く切られたヘアスタイル。メイクもかなり薄目で宮崎あおいらしい。ただ、顔の中心である鼻付近がどうしても気になってしまう。

30歳を超えたあたりから男も女も口元のシワが目立ちやすくなる。いわゆるほうれい線という厄介なものだ。しかし、上の宮崎あおいに関してはほうれい線というよりも、小鼻の左右から浮き出るシワが目立っている。

数年前、とある番組に出演した宮崎あおいを見た視聴者の間で、「宮崎あおいの鼻が高くなってる」「鼻整形した?」という声が広まり話題となった。

【楽天 初恋 宮崎あおい 】

 

こちらは2006年に宮崎あおいが主役を務めた映画。今からちょうど10年前の宮崎あおいだが、鼻の形が変わっていることがわかる。整形したという噂は本当である可能性が高い。

『バースデーカード』の上映会に出席した宮崎あおいは、役作りのための体重のコントロールの影響や、連続する多忙なスケジュールにより、疲労が溜まっていることが窺える。CMや雑誌の表紙とは違い、会見に参加した時に撮られた写真は美肌補正や光の調整などが一切されていないため、目立ってほしくない部分が目立ってしまい、全体的に劣化して見えてしまう。

整形は施術して終わりではない…

美容整形は、高い費用を払って施術して、理想のパーツを手に入れて「はい、終了!」ということにはならない。医学や整形の技術が年々向上しているとはいえ、定期的なメンテナンスを半永久的に行う必要があるからだ。

もちろん、このメンテナンスにも費用がかかるため、お金に余裕がある人でなければ美容整形は推奨することは出来ない。

また、急に顔全体、もしくは顔の一部が変わると、もちろん周りの人間はそれに気が付く。周囲の人間がいろいろと騒ぎ立てて面倒なことが起こる可能性がたかい。芸能人はモロにその影響を受けてしまう。整形手術を行った本人が周りの目を気にしない性格であれば問題はないが
…。

それでも、リスクを承知で美しさを手に入れたいと願う人が大勢いるのである。

Sponsored Links


URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top