Read Article

一人暮らしの食費の節約術!【ペットボトルのお茶の飲み方】編

一人暮らしを楽しんでますか?

伸び伸び過ごせる一人暮らしは楽しいですよね。好きなもの買って、食べたいもの買って、寝たいときに寝る。

しかし、自由な一人暮らしのデメリットは、制限なく、偏ったお金の使い方をしてしまうところですよね。特に毎日の食事なんかがいい例です。

PAK153123758_TP_V

一人暮らしの人の理想の食費は、一か月あたり3万円以下と言われてます。単純計算で1日あたり1000円です。3食(朝、昼、夜)食べる人は、1回の食事で300円しか使えないという計算です。ジュースや缶コーヒーを買っていたら、3食で1000円以下がなかなか厳しいということがお分かりになると思います。

本やネット上には様々な節約術が紹介されていますが、どれも簡単なことばかりではありませんよね。

Sponsored Links


数回に渡って変わった方法をいくつか紹介

今日から数回に渡って、私が独自に考案した食費を少しでも抑える節約術を紹介していきます。

「毎日チラシをチェックしましょう」

「閉店前の安くなった惣菜を買いましょう」

「コンビニに行かない、外食しない」

などといった、聞き飽きたような、食費節約のテンプレート的な王道すぎる方法は紹介しません。もちろん、外食するより自炊したほうが食費がかからないという事実は認めます。しかしその説明だけだと話がそこで終ってしまいますし、実際料理が好きという人でない限り、毎日毎日自炊するのは非常に難しく、「自炊しろ」というアドバイスだけでは無責任だと思いました。

また、

「毎日、もやし料理」、

「肉は鶏むね肉のみ」、

「むしろ食事そのものを削る」

などといった、健康を損なうようなやり方もしません。食費を抑えまくった結果、栄養不足で病気になってしまえば、医療費が高くつき、何のために節約してきたのかわからなくなりますよ。

なので、「節約&簡単&健康」というテーマで少しでも毎日の食費が抑えられる方法を紹介していきます。

家で飲むお茶はペットボトル!しかし、買うのは○○○のお茶!

皆さんは家でお茶を飲みますよね?

生まれた時から日本にいれば、お茶が好きなはずです。というのも、日本で食べる食事と、日本のお茶は相性抜群なため、無意識に食事の時にお茶が欲しくなるのです。お茶にもたくさん種類がありますが、日本で一般的に出回っている麦茶、緑茶、烏龍茶は、和食、洋食、中華と、どの料理とでも相性が良いです。

お茶を飲む人は、ペットボトル(1.5~2ℓ)か、水出しのパックのどちらかが多いと思います。

まずペットボトルのお茶は、スーパーだと1.5~2ℓのものは150円以下で買えます。飲みたいときにコップに入れていつでもすぐにおいしく飲めます。

水出しのティーバッグは安いものであれば、1ℓで10円前後で作れます。コストだけで考えればペットボトルの10分の一くらいお得です。しかし、いくら安いとはいえ、

毎回お湯を沸かして容器に入れて、

飲み終わったら容器を洗って乾かして…

またお湯をわかして…

(以下ループ)。

という感じで、手間がかかってしまうのが非常にネックですよね。

「ああ、のど渇いた、家着いたらお茶がぶ飲みしよ♪」とルンルンで家に着いたら、昨日の夜になくなってたということを思い出してショックを受ける人もいるはずです。「たかがお湯を沸かすだけの作業」が、毎回一人でやるとなると、なかなかキツイ。コストパフォーマンスに優れているとはいえ、手間はかけたくないのが本音

そこでたどり着いたのが、「濃い」タイプのお茶を買って、水で薄めるという方法

by カエレバ

皆さんも見たことも飲んだこともあると思います、濃いタイプのお茶。渋くて苦みの強いお茶が好きな人はそのまま飲んでもおいしく感じますが、多くの人は、単体で飲むのはちょっとしんどいと思っているのでは?そこで打ってつけなのが、水とお茶で、1対1で混ぜる方法。

濃い味のお茶は、水で薄めることで、通常のタイプのお茶とほぼ同じ味になるのです!1対1で混ぜて飲み続ければ、通常の2倍多く飲めるということになり、ペットボトルを買う頻度も2分の1になります。

unnamed (4)(お~いお茶濃い味を水と1対1で混ぜ、さらに氷を入れたたもの。味も普通のタイプと変わらない)

この方法にたどり着いてから私は、お茶をペットボトルで買うときは必ず「濃い」タイプのを買うようにしています。

コップに注ぐ時に、水を入れるだけ。かなり簡単。もちろん、薄く感じたり、濃く感じたら、お好みで配合を変えればOK

聞くだけだと、なんか貧乏くさいし、おいしくなさそうだが、実際にやってみると、納得がいくと思うので、すこしでも飲み物に使うお金を減らしたい人は参考にしてみて下さい。また、大きいサイズのペットボトルは重いので、ネットでまとめて買う方が楽だし、安いです。

by カエレバ

余談になりますが、

お茶は食事と一緒に摂取した油を分解する効能があり、食後の胃や腸を落ち着かせる働きもします。カロリーもほとんどなく、脂肪燃焼作用もあるため、ダイエット中の人は水よりもお茶の方を積極的に摂取するべきです。また、殺菌作用もあるため、水よりお茶を飲む人の方が、風邪やインフルエンザなどの感染症に罹りにくいといわれています。

究極の節約のために、ペットボトルやジュースは買わないで、水道水のみいう人も多いと思いますが、お茶には食事おいしくしたり、内臓を健康にする効果もあるので、ぜひ安く済む方法で無理なく飲んでほしいと思います。

Sponsored Links


URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top