Read Article

目覚まし時計・アラームで二度寝せず一発で起きる4つのコツ

「朝起きるの苦手なんです」、

「目覚まし時計が鳴っても一発で起きれないよ」、

「二度寝して遅刻したこと何回かあります」、

あなたもこんな声に同意見だろうか?

PAK75_nemuinya20150109091434-thumb-autox1000-18123

約6割の人が、
朝起きるのが苦手という統計もある。

二度寝、三度寝をしてしまったり、
無意識に目覚まし時計のアラームを消してまた寝たり、
一度目覚めたものの、
再び寝てしまう場合の人たちへ。

今回は、
セットした時間に鳴る目覚ましのアラームで、
一発で起きれる4つの方法を紹介する。

Sponsored Links


二度寝してしまう人のサイクル

 

スムーズに起きる方法の前に、
二度寝してしまう人の流れを説明しておく。

(無意識)アラームが鳴る前

(無意識)アラームが鳴る

(意識あり)アラームが鳴っているのに気が付く

(意識あり)「あ…、アラーム鳴った…止めないと…」

(意識あり)アラーム止める

(意識あり)「起きないと…でもまだ少し寝てたいな、寝よ」

(無意識)二度目の眠りにつく

 

というのが、
アラームを消して再び寝てしまう人の流れだ。

アラームが鳴ったにもかかわらず、
自らの意識で再び寝ることを選択している。

アラームを自らの手で止めるということは、
無意識に止めたのではなく、
れっきとした意識的な行動である。

これは簡単に言ってしまえば、
起きることよりも、まだ寝ていたいという欲が勝り、
後者を選択してしまうという意志の弱さだ

二度寝は、
この意志の弱さを克服しないと治らないということを前提で、
これから説明する方法を試してほしい。

①寝る前に起きる時間を声に出す

 

眠りにつく直前に、

「私は■時△△分に起きる」

と声に出して10回。
呪文を唱えるように口に出して言う。

心の中で念じるのではなく、
言葉に出すのが重要である。

「そんなことで起きれるのか…?」

と半信半疑の人が多いと思うが、
効果は絶大である。

疑う前に1度で良いのでまずはやってみてほしい。

必ず10回、声に出すこと!

②目覚まし時計・アラームを離れたとこに置く

 

あなたは普段寝る時、
目覚まし時計、またはスマホのアラームをどこへ置いてるだろうか?

布団の中から手の届く場所へ置いてる人は、
二度寝する危険性大。
アラームを消してすぐにまた寝てしまう可能性が高いからだ。

なので、

布団から出て歩かなければ届かない距離に、
目覚まし時計を置こう。

おすすめの場所は、
部屋の中でベッドから一番遠い場所だ。
本来は、
部屋の外に目覚まし時計を置くのがベストだが、
他に家族がいる家では、皆を巻き込むため、
反感を買う恐れがあるので難しい。

一人暮らしの人は、
音が大きめの目覚ましを洗面所に置くのがおすすめだ。
アラームを止めて、そのまま顔を洗えば目が覚めるからだ。

③アラームが鳴るものを2つ用意し、同時刻に設定する

 

二度寝するのが習慣化してしまっている人は、
アラームが鳴るものを2つ用意しよう。
目覚まし時計を二つ買う必要はなく、
スマホのアラームでも良い。

その二つを、
同時刻に鳴るように設定するのだ。

二つを時間差で設定してしまうと、
一つ目が鳴った後、

「どうせ後数分後にもう一個鳴るからまた寝よ…」

となり、二度寝癖が治らない。

同時刻にアラームがなると、
二つを消す作業が意外と難しく、
意識をはっきり回復させようと、脳が目覚めるのだ。

④アラームが鳴る数分前から部屋を適温にする

 

朝起きるのが苦手の人にとっての最難関は寒い冬だ。

冬の寒さは朝起きるのを妨害する要因のひとつなので、
エアコンのタイマー設定で、
アラームの30分前から作動させ、
部屋を暖めておこう。

 

いかがだろうか?

①から④まですべて行うと、
必ず起きれるはずだ。

ぜひ試してほしい。


またの名を名無し2016/2/25

いろんな方法試したけど、冬はむり

またの名を名無し2016/2/25

二度寝は至福

またの名を名無し2016/2/25

二度寝して単位落として留年した過去あるよおれw

またの名を名無し2016/2/25

なるほど、
部屋の外にアラーム置くのか

またの名を名無し2016/2/25

念じる方法試したことあるけどかなりいいよ
でも慣れてくると効果なくなるけどw

またの名を名無し2016/2/25

二度寝するやつ全員もっと早く寝ろ

Sponsored Links


URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top